HOME>コンテンツ>人の目では確認できない部分をチェック!microscopeの力

人の目では確認できない部分をチェック!microscopeの力

男性

人気は何なのだろうか

病院や研究機関などで使われているmicroscopeは、以下の点から人気があります。まず、従来の顕微鏡と比較して20倍以上の被写体深度がある点です。すなわち、ピントの合う範囲が広いことです。そのため、凹凸のあるものを観察する場合に顕微鏡だとピントの調整などの作業が多くなっていましたが、それが不要で鮮明に記録ができます。次に、画面に映し出されて多くの人が観察できる点です。顕微鏡だと両目で直接見るのが主流でしたが、microscopeはモニターに映し出されます。従って、観察者が増えるのと同時に、目の疲れが減少できる効果があります。そして、レンズやアダプタのバリエーションが豊富なことです。低倍率から高倍率までをレンズを変えるだけで使用ができ、ハンディ―スコープならば対象物を破壊せずに観察ができます。よって、観察できるものの可能性が増えます。

顕微鏡

価格と評価はどうなのか

観察の可能性が広まるmicroscopeですが、価格は気軽にできるものとして数千円のものから研究機関用として800万円近くまでします。従って、価格の幅は相当広いです。高価格のものですと倍率が高くオートフォーカスが働く機能があります。さらに、撮影したものを合成して3D測定、表示するmicroscopeまでありますが高価格の傾向があります。さらに、レンズ交換できるタイプの場合、レンズのみで80万円するものがありますので、観察対象と予算を兼ねあう必要があります。評判としては、大人数で見られるため会議でできるようになり、情報の共有がしやすくなったという感想があります。そして、研究の疲労軽減もあったなど積極的な評価があります。